*

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲによる無駄な損切りを防ぐ方法

公開日: : 株式売買テクニック

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲによる無駄な損切りを防ぐ方法

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲはサラリーマントレーダーにとって敵です。

なぜならば、常時株価を監視することができないサラリーマントレーダーは、逆指値注文を行い資産を守ることが非常に重要だからです。

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲは、ダマシの株価の変化となることが多く、逆指値注文による無駄な損切りを行う要因となります。

今回は、ローソク足の上ヒゲや下ヒゲによる無駄な損切りを防ぐ方法について、考えてみたいと思います。

上ヒゲや下ヒゲが発生していない銘柄を選ぶ

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲの発生頻度は銘柄によって異なります。

つまり、上ヒゲや下ヒゲが当たり前のように出現する銘柄もあれば、ほとんど出現しない銘柄もあるということです。

株式トレードの大きなメリットのひとつが、戦う場所を自分で選ぶことができることです。

上ヒゲや下ヒゲが当たり前のように出現する銘柄は、デイトレーダーにとっては美味しい銘柄かもしれませんが、日足チャートでトレードするサラリーマントレーダーにとっては邪魔者でしかありません。

あなたが戦いやすい場所はどこなのか、考えてみたことはありますか?

自分のトレード方法にあった銘柄を選ぶことは、トレードテクニックを磨くこと以上に重要だと、私は思います。

逆指値注文のポイントをズラす

ダマシによって無駄な損切りが発生しているということは、あなたの逆指値注文はダマシを仕掛ける側にとってすでに織り込み済みだということです。

つまり、セオリー通りの損切りのポイントではダマシに引っ掛かるということを前提に、逆指値注文を設定する必要があるということです。

ダマされない逆指値注文を行う上でポイントとなるのが、注文のズラシ方です。

たとえば、セオリー通りの損切りのポイントに到達したとしても、終値でそのポイントに到達していなければ損切りを見送るとか、セオリー通りの損切りのポイントより少し離れた場所で逆指値注文を設定するとか、時間軸や価格軸など教科書通りのポイントからズラシてみることが重要なのです。

具体的に、どのようなズラシ方をすればいいのかについては銘柄にとって特徴が異なるため、過去のチャートを確認し銘柄の特徴や傾向を把握することが大切です。

つまり、仕掛けられる側ではなく仕掛ける側の思考を推測した上で、損切りのルールやポイントを設定する必要があるということです。

セオリー通りではない株式トレードを試してみることは勇気がいることかもしれませんが、リスクを覚悟して試してみなければこれまでの無駄な損切りを繰り返すだけだと、私は思います。

関連記事

損切りポイントは、どこに設置するのが適切なのか

私にとって、損切りポイントを設定することは、株式トレードをする上で、必要不可欠な存在です。 な

記事を読む

ローソク足の陰線や陽線はトレンド転換点の指標として使えるのか

株式チャートのトレンド転換点を把握する上で、ローソク足の陰線や陽線は非常に重要です。 なぜ

記事を読む

保ち合い相場における株式トレード戦術とは

保ち合い相場は、道路標識の「止まれ」とまったく同じです。 つまり、保ち合い相場はいったん立ち止

記事を読む

ボックス相場での賢いトレード戦術とは

ボックス相場でのトレード戦術は、大きく2つに分類することができます。 2つの戦術とは、ボックス

記事を読む

なぜ、株を買ったら下がり、株を売ったら上がるのか

あなたは、株価が上がると思った銘柄が買った途端値下がりしたり、株価が下がると判断し空売り

記事を読む

指値注文と成り行き注文、どちらが賢い注文方法なのか

指値注文と成り行き注文を比較することは、あまり意味がありません。 なぜならば、それぞれメリット

記事を読む

ローソク足が窓を開けた時、窓が埋まるのを待つトレード方法は有効なのか

ローソク足が窓を開けた時、窓を埋めるのを待ってから株式トレードを仕掛けるのが、セオリーと考えられ

記事を読む

移動平均線の見方を覚えて賢く株式トレードする方法

移動平均線とは、ある一定期間の株価を平均化して線グラフにしたものです。 たとえば、25日移動平

記事を読む

押し目買いのタイミングを上手につかむ方法

押し目買いとは、上昇トレンドの株式チャートにおいて、一時的に株価が下落したポイントで買いを仕掛け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ローソク足の陰線や陽線はトレンド転換点の指標として使えるのか

株式チャートのトレンド転換点を把握する上で、ローソク足の陰線や

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲによる無駄な損切りを防ぐ方法

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲはサラリーマントレーダーにと

なぜ、株を買ったら下がり、株を売ったら上がるのか

あなたは、株価が上がると思った銘柄が買った途端値下がりした

どれだけ株式トレードのテクニックを磨いても、負けトレードになるシンプルな理由

チャネルブレイクアウトやグランビルの法則、モメンタムを使ったト

ローソク足が窓を開けた時、窓が埋まるのを待つトレード方法は有効なのか

ローソク足が窓を開けた時、窓を埋めるのを待ってから株式トレードを仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑