*

どれだけ株式トレードのテクニックを磨いても、負けトレードになるシンプルな理由

公開日: : 投資メンタル

株式トレードのテクニック

チャネルブレイクアウトやグランビルの法則、モメンタムを使ったトレードなど、株式トレードにおいて、有効とされるテクニックにはいろいろな手法があります。

しかし、どれだけトレード手法に詳しくなったとしても、トレードで負け続ける人が勝てるようになるわけではありません。

なぜならば、株式トレードにおいて、トレード手法に詳しいことよりも重要なことがあるからです。

では、トレード手法よりも重要なこととは、いったいどんなことでしょう。

今回は、株式トレードのテクニックを磨いても、負けトレードになる理由について考えてみたいと思います。

トレード技術は、しょせん道具でしかない

株式トレードのテクニックは、車の修理で使うトライバーやスパナなどの工具類と同じです。

つまり、どれだけ優れた道具でも、使う場所を間違えていたら、何の役にもたたないということです。

たとえば、あなたがタイヤの交換をしたいと考え、高価で使いやすいと評判のスパナを用意したとしましょう。

しかし、スパナとタイヤのナットのサイズが合っていなければ、高価で使いやすいと評判の道具でも、タイヤを交換することは難しいでしょう。

このような間違いはタイヤ交換の場合にはすぐに気づくことができますが、株式トレードの場合には、高価で使いやすい評判の道具だということばかりに執着し、使い続けてしまいがちです。

つまり、どの場所にどの道具を使ったいいのかを判断するのではなく、いい道具さえ使えば結果を出すことができると勘違いしてしまっているということです。

馬鹿とはさみは使いよう

また、仮に判断していたとしても、その判断が正しいとは限りません。

たとえば上昇トレンドなのか下降トレンドなのか判断する材料はいろいろありますが、同じチャートでも、抵抗線や支持線の引き方を変えれば、上昇トレンドが下降トレンドに見えてくることは珍しいことではありません。

つまり、どの場所でどの道具を使うのか選ぶ目が優れていなければ、どれだけ優れたテクニックや理論だとしても役に立たないのは当然なのです。

どのシーンで、どのテクニックを使うのか選ぶのは、あなた次第です。

チャンスが目の前に転がっていても、あなたがそのチャンスを見極める眼を持っていなければ、チャンスがピンチになる可能性もあると私は思います。

関連記事

サラリーマンが副業で株式トレードするために必要な考え方

サラリーマンが副業で株式トレードすることは、専業で株式トレードすることとは、考え方がまったく異な

記事を読む

株の売買タイミングが遅れた時、私が注意していること

あなたは、上昇トレンドが始まったと気がついたものの、チャートが窓を開けて注文が約定しなかった

記事を読む

私が株式トレード超初心者だった頃、知っておけばと後悔している投資マインドとは

株式トレードの記録を時間が経ってから見直してみると、「どうして、こんなトレードしたのだろう?」と

記事を読む

株式トレードでお金儲けするのは、そんなに悪いことなのか

株式トレードの経験が無い人にとって、株式トレードでお金儲けすることは、楽してお金を稼いでいるよう

記事を読む

株投資の判断力を高めるための3つの習慣とは

株投資の判断力を高めることは非常に重要です。 なぜならば、どれだけ素晴らしい指標やツールを使っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ローソク足の陰線や陽線はトレンド転換点の指標として使えるのか

株式チャートのトレンド転換点を把握する上で、ローソク足の陰線や

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲによる無駄な損切りを防ぐ方法

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲはサラリーマントレーダーにと

なぜ、株を買ったら下がり、株を売ったら上がるのか

あなたは、株価が上がると思った銘柄が買った途端値下がりした

どれだけ株式トレードのテクニックを磨いても、負けトレードになるシンプルな理由

チャネルブレイクアウトやグランビルの法則、モメンタムを使ったト

ローソク足が窓を開けた時、窓が埋まるのを待つトレード方法は有効なのか

ローソク足が窓を開けた時、窓を埋めるのを待ってから株式トレードを仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑