*

リスクリワードレシオについての考え方

公開日: : 株式初心者講座

リスクリワードレシオについての考え方

チャートの形やローソク足の動きを見ることは、私の株式トレードにとって必要不可欠なことですが、チャートを見るだけでは、株式トレードを仕掛けることができません。

なぜならば、チャートやローソク足を見るだけでは、具体的にどれくらいのリスクがあり、どれぐらいのリターンが期待できるのか、分からないからです。

株式トレードが可能な銘柄の中には、綺麗なトレンドを描いていても、値動きが小さくトレードに向かない銘柄があります。

逆に、値動きが激しすぎるため、想定される損失の金額が自分のトレードルールよりも大きくなる銘柄もあります。

つまり、仕掛けたいのか仕掛けたくないのかを判断するのがチャートやローソク足ならば、仕掛けるのか仕掛けないのかを判断するのはリスクリワードレシオだということです。

あなたは、損失と利益が想定できない株式トレードに、大切なお金を投資することができますか。

今回は、損失と利益を想定するために必要な、リスクリワードレシオについて考えてみたいと思います。

リスクリワードレシオとは

リスクリワードレシオとは、損失の金額に対する利益の金額のことです。

たとえば、ある銘柄に対し1000株を100円で買いを仕掛けた時、想定している損切りポイントが97円で、想定している利益確定ポイントが110円の場合、リスクリワードレシオは「想定している利益/想定している損失」、つまり「10/3」となり、リスクリワードレシオは約3.33となります。

リスクリワードレシオは、数字が大きい方が、1度の株式トレードで大きい利益が期待できます。

しかし、リスクリワードレシオが大きいからといって、利益が確実に大きくなるとは限りません。

なぜならば、リスクリワードレシオには、勝率がまったく考慮されていないからです。

株式トレードにおける利益率はリスクリワードレシオと勝率によって、想定することができます。

つまり、株式トレードの仕掛けを考える時には、リスクリワードレシオと勝率をセットで考えることが重要なのです。

勝率の考え方

リスクリワードレシオが「2.0」であるトレードルールで株式トレードを行う場合、利益を得るための勝率は50パーセント以上になります。

勝率50パーセントは、勝つ確率が50パーセントということですが、10回に5回勝てるということではありません。

株式トレードを続けていると、損失のサイクルが続くことがあります。

そんな時に限って勝率が頭に浮び、「これだけ負けトレードが続いたのだから、そろそろ勝てる頃かも・・・」などと、自分勝手な想像をしてみたくなるものです。

しかし、どれだけ損失が続いても、勝率が変わるわけではありません。

もともとの勝率が50パーセントならば、10回損失が続いても、勝利は50パーセントのままなのです。

また、ほとんどの勝率は、過去の統計結果であり、未来を確実に予測するものではありません。

つまり、どれだけ高い勝率のトレードルールだったとしても、損失が続き資金が目減りした時の対処法を、考えておく必要があるということです。

損失が続き、資金が目減りすることを前提とするのであれば、株式トレードに使う資金は、たとえ失ったとしてもあなたの生活に大きなダメージを与えることのないものである必要があります。

また、ある一定割合の損失が出たら、トレードを休むとか、ある回数連続して損失が続いたら、トレードルールを見直すなどのルール作りも必要です。

勝率やリスクリワードレシオは、あくまでも確率です。

勝率やリスクリワードレシオを過剰に重視することは、自分の株式トレードを見失うことになると、私は思います。

リスクリワードレシオのリスク

株式トレードを行う銘柄の中にはリスクリワードレシオが同じでも、損失の金額が大きく異なる場合があります。

たとえば、リスクリワードレシオが同じ「2.0」だとしても、利益10万円損失5万円の銘柄と、利益20万円損失10万円の銘柄があるということです。

リスクリワードレシオが同じでも、絶対的な損失額が違えば、株式トレードを仕掛けるあなたの心理状態が違ってくる場合があります。

つまり、損失額が10万円であれば躊躇することなくトレードを仕掛けることができても、損失額が20万円の場合には、損失が10万円の時と、同じ心理状態で株式トレードを仕掛けることができないということです。

同じリスクリワードレシオにもかかわらず、トレードを躊躇してしまうということは、その銘柄はあなたにとって、オーバートレードだということです。

オーバートレードだということは、あなたにとって荷が重い株式トレードだということです。

どれだけリスクリワードレシオが優れていたとしても、冷静に株式トレードできないのであれば、あなたが利益をあげられる可能性は限りなく小さくなります。

なぜならば、株式トレードを行う上で感情をコントロールすることは、株式トレードのテクニックよりも下の階層に位置する、株式トレードの土台のような存在だからです。

リスクリワードレシオは、判断材料であって、決定材料ではありません。

どれだけたくさんの水を注いでも、器が小さければ、そのまま水はこぼれ落ちてしまうと、私は思います。

関連記事

株式用語を知らなければ、上手に株式トレードすることができないのか?

株式トレードを始めたばかりの初心者は、上手に株式トレードを行うために、一生懸命株式用語を覚えよう

記事を読む

経験者しか知らない!賢い株式トレードの始め方

株式トレードは、簡単に始めることができます。 なぜならば、お金と取引に必要な口座さえあ

記事を読む

私が日足チャートで株式トレードを行う3つの理由

株式チャートを基に株式トレードを行う場合、どの時間軸のチャートを使って株式トレードを行うのか、あ

記事を読む

テクニカル分析とファンダメンタル分析、株式トレードに有効なのは?

株式トレードで銘柄を分析する手法は、テクニカル分析とファンダメンタル分析の2つに大きく分類するこ

記事を読む

株の損切りはルールは本当に必要なのか

あなたは、株式トレードを仕掛ける時、必ず損切りのポイントを設定するようにしていますか。 私は、

記事を読む

株式トレードを本で勉強する前に、知っておいて欲しい3つのポイント

株の勉強を始めようとした時、まず頭に浮かぶのは、本を読んでいろいろな知識を吸収する方法です。

記事を読む

株のおすすめ本を読んでも株式トレードがうまくならないシンプルな理由

あなたは、株のおすすめ本やランキング本を読んで勉強すれば、上手にトレードできると思っていませんか

記事を読む

ゴールデンクロスやデットクロスと仲良くする方法

株式トレードの基本は、トレンドに沿った仕掛けをすることです。 つまり、上昇トレンドの時には買い

記事を読む

株式トレード初心者は、空売りと買いどちらで始めるのが賢いトレード法なのか

株初心者向けの本を見ると、「空売りは危険」とか、「初心者は買いから始めた方がいい」とか書かれてい

記事を読む

結果を残しながら株式トレードを続ける方法

株式トレードで結果を残すために、最も重要なことは株式トレードを続けることです。 なぜならば、多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ローソク足の陰線や陽線はトレンド転換点の指標として使えるのか

株式チャートのトレンド転換点を把握する上で、ローソク足の陰線や

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲによる無駄な損切りを防ぐ方法

ローソク足の上ヒゲや下ヒゲはサラリーマントレーダーにと

なぜ、株を買ったら下がり、株を売ったら上がるのか

あなたは、株価が上がると思った銘柄が買った途端値下がりした

どれだけ株式トレードのテクニックを磨いても、負けトレードになるシンプルな理由

チャネルブレイクアウトやグランビルの法則、モメンタムを使ったト

ローソク足が窓を開けた時、窓が埋まるのを待つトレード方法は有効なのか

ローソク足が窓を開けた時、窓を埋めるのを待ってから株式トレードを仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑